高級時計は定期的な点検を|愛用しているロレックスが壊れたらすぐに修理に出して直してもらおう

愛用しているロレックスが壊れたらすぐに修理に出して直してもらおう

高級時計は定期的な点検を

時計

時計は精密機械

ロレックスはスイスの高級腕時計です。その性能と信頼性から世界中から絶大な信頼を得ています。かなり高価であるものの、一生ものの時計として思い切って購入した人も多いことでしょう。さて、そんな高性能なロレックスも使用を続けていれば経年劣化は避けられません。防水性や耐久性において、他の高級時計メーカーより優れているとはいえ、やはり精密機械であることには変わりなく、定期的なメンテナンスが必要となります。メンテナンスを怠ると、パーツは摩耗し、ゴムパッキンは劣化してしまいます。特に問題なく動いているからと言って、そのままメンテナンスをせずに使い続けていると、ロレックスの寿命を確実に縮めてしまいます。そういったことから、ロレックスのオーバーホールが大切なのです。

メンテナンスを放置すると

オーバーホールとは、時計を分解して部品の状態を確認し、洗浄や研磨を行い、不具合のある部品を交換して元の状態に戻すことを言います。時計を点検・修理・清掃を行う、車で言えば車検のようなものです。特に、オーバーホールを義務付けられていませんが、3年から4年に一度は調子が良くても行うべきだと言われています。オーバーホールには古い油を除去して、新しい油を注入するといった必要不可欠な作業が含まれているからです。オーバーホールは高額だからと敬遠する人も多いです。しかし、先に述べたように、時計を分解して点検・修理・清掃を行うため、作業が複雑で長時間かかります。そのためそれ相応の価格となってしまうのです。故障してから部品を交換した場合、オーバーホールよりも高額な修理費用となってしまう恐れもあるので、長く使い続けるには定期的なオーバーホールが必要なのです。